カウンセリングと心理療法の違い

受けるなら心療内科?精神科?

受けるなら心療内科?精神科? うつ病カウンセリングを受けるなら、「カウンセリング」と明記されたクリニックに向かうべきです。そもそもうつ病カウンセリングの「カウンセリング」とは言動によるケアを指しており、軽度の症状の人間、もしくは悩みを抱えている人間を患者としています。心療内科および精神科でも、コミュニケーションは行われているものの、根本的な治療法は薬物療法です。そのため、中度あるいは重度の症状を持つ患者が受診します。 しかし「どちらかを選ぶべきか」と問われたら、精神科です。精神科は心の病、もとい精神疾患を専門としていますが、心療内科は心身症を専門としています。両者は似ていますが、前者は精神を重視し、後者はストレスがもたらす身体的な症状を重視しているのが特徴です。具体的には、ぜん息や摂食障害が挙げられます。よって「カウンセリング」と明記されたクリニックでなければ、うつ病は精神科のテリトリーです。とはいえ、実際のところは診断の結果次第となります。

カウンセリングは患者を大切に扱う

カウンセリングは患者を大切に扱う 仕事や恋愛や趣味に対して意欲が全くおこらなくなった、あるいは自分には何の価値もないように思えて生きていることがつらい、と感じるようになったならうつ病かもしれません。うつ病は脳のエネルギーが欠乏して引き起こされるもので、脳のエネルギーが欠乏すると精神面だけではなく身体面でも様々な支障をもたらします。そんな時にはうつ病カウンセリングの助けを得ることが重要です。うつ病カウンセリングと聞くと、「どんなことを聞かれるのだろうか?」と心配や不安な気持ちを抱く人がいますが、その心配は全くありません。カウンセラーは患者さんをとても大切に扱ってくれますし、一人一人の大切にしてくれますのでその人に合った最善の治療を行います。誰かにひどい言動をされて傷つけられたことが原因でうつ病になったなら、人への恐怖心があるかもしれませんが、カウンセラーはそういう患者さんの気持ちを思いやって対応してくれますので何の心配もいりません。

新着情報

◎2021/1/18

カウンセリングで身体症状も緩和
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

カウンセリングで原因を根本からケア
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「うつ病 患者」
に関連するツイート
Twitter

全人類のうつ病の人を自意識過剰にしたらどうなるのだろうか…鬱病患者は減るけどいじめとか陰口増えたりするのかな、そしてまた鬱病患者が増えてその人たちが自意識過剰になりいじめが増え…

うつ病患者の約8割は不眠で1割が寝過ぎである

お金で改善する人もいるだろうけど、根本的には完治しないしお金持ちにもうつ病患者はたくさんいる 不労所得で生活成り立ちすぎた結果、人生が暇すぎて自己肯定感が低下して抑鬱になって、発症するパターンもあるし怖い病気やね

予期せぬがん告知や手術の後遺症、化学療法による副作用などのダメージから、適応障害やうつ病に陥るがん患者さんへのサポートについて。 具体的な患者さんの事例から、どういった支援やケアができるのか、精神腫瘍科の医師が紹介されています。

いじめしてたうつ病精神患者がめっちゃでかいステージに立てるんだもん すごいよな