カウンセリングと心理療法の違い

受けるなら心療内科?精神科?

受けるなら心療内科?精神科? うつ病カウンセリングを受けるなら、「カウンセリング」と明記されたクリニックに向かうべきです。そもそもうつ病カウンセリングの「カウンセリング」とは言動によるケアを指しており、軽度の症状の人間、もしくは悩みを抱えている人間を患者としています。心療内科および精神科でも、コミュニケーションは行われているものの、根本的な治療法は薬物療法です。そのため、中度あるいは重度の症状を持つ患者が受診します。 しかし「どちらかを選ぶべきか」と問われたら、精神科です。精神科は心の病、もとい精神疾患を専門としていますが、心療内科は心身症を専門としています。両者は似ていますが、前者は精神を重視し、後者はストレスがもたらす身体的な症状を重視しているのが特徴です。具体的には、ぜん息や摂食障害が挙げられます。よって「カウンセリング」と明記されたクリニックでなければ、うつ病は精神科のテリトリーです。とはいえ、実際のところは診断の結果次第となります。

カウンセリングは患者を大切に扱う

カウンセリングは患者を大切に扱う 仕事や恋愛や趣味に対して意欲が全くおこらなくなった、あるいは自分には何の価値もないように思えて生きていることがつらい、と感じるようになったならうつ病かもしれません。うつ病は脳のエネルギーが欠乏して引き起こされるもので、脳のエネルギーが欠乏すると精神面だけではなく身体面でも様々な支障をもたらします。そんな時にはうつ病カウンセリングの助けを得ることが重要です。うつ病カウンセリングと聞くと、「どんなことを聞かれるのだろうか?」と心配や不安な気持ちを抱く人がいますが、その心配は全くありません。カウンセラーは患者さんをとても大切に扱ってくれますし、一人一人の大切にしてくれますのでその人に合った最善の治療を行います。誰かにひどい言動をされて傷つけられたことが原因でうつ病になったなら、人への恐怖心があるかもしれませんが、カウンセラーはそういう患者さんの気持ちを思いやって対応してくれますので何の心配もいりません。

新着情報

◎2021/1/18

カウンセリングで身体症状も緩和
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

カウンセリングで原因を根本からケア
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「うつ病 患者」
に関連するツイート
Twitter

うつ病は甘えだし、きっと先生もそう思ってると思うよ」 とか、今頑張ってる患者さんに言わないでほしい そう言ってる人の中でそう思うのは自由だけど、こちらがそんなこと思ってたらそもそもこの仕事してないし、本人にとって信頼や安心できる場所まで奪わないでほしい

オラッ!私はうつ病患者だぞ!! フォロワー共は私に対して優しくしろッ!ボゴッ(フォロワーに腹パンをする)

ℹ️うつ病患者の家族向けコミュニティサイトencourage(エンカレッジ) 精神疾患を抱える方のご家族向けのコミュニティサイト。 困ったことや分からないことを相談したいとき、つらい気持ちを聞いてほしいときに相談し合うことができます。 )

現在の精神医療の状況として、不眠症が始まったら、うつ病を疑え、という傾向があります。うつ病は初期のうちに治療したほうがいいというものから出たものです。しかし、ただの不眠症で抗鬱剤を飲んだ日には、自動的にうつ病患者になってしまう弊害もありますので注意をしてください。

うつ病患者なの知ってるのに気にしないで、頼っていいよって言ってくれる人と付き合えました。幸せです⸜❤︎⸝‍