カウンセリングと心理療法の違い

このサイトではうつ病カウンセリングを受けようと思っている方に向けて、心理療法との違いを詳しく説明しています。正しい情報をきちんと理解しておくことで、これから自分が相談すべき場所はどちらなのかわかりますし、安心してカウンセリングを受けることが出来るようになるメリットがあります。うつ病に悩まれている方が、カウンセリングが受けられる場所も心療内科や精神科と複数あるので、特徴をわかりやすくご紹介していきます。

カウンセリングと心理療法の違い

カウンセリングと心理療法の違い うつや心の悩み、人間関係の悩みや対人恐怖や不安、心の病を抱えている方は多いとされ、少しでも自分自身と向き合い進んでいくためにも心療内科や精神科などに相談に来るという方が増えてきています。しかし初めて相談をする人にとって、うつ病カウンセリングと心理療法の違いがわからないという声も少なくありません。まず心理療法とは悩みや苦しみといった心の問題を、専門家が心理学の知識を解決に向けて援助することを目的としています。 それに対してうつ病カウンセリングは言語的な話し合いをするだけではなく、絵を描いたりダンスを踊ったり、歌を歌うなど様々なアプローチで心理的不安や負担を改善していく特徴を持ちます。ただ基本的にカウンセリングは、心理療法という大きな枠組みの中に存在している対処法であることを理解しておくことが大切です。

カウンセリングと医師の関係

カウンセリングと医師の関係 いま、うつ病などの精神疾患が増えていると言われています。これは、おそらく経済が発展し尽くして、そこにコロナや今後の未来への不安などが鬱積してうつ病になるというパターンです。つまり、もっとも根本的な家族や自分自身や働く意味など様々なものへの、認識を改めることを求められる社会になったとも言えます。そうすると病院に言って医師に診察をしてもらうのですが、簡単に治るものではありません。なぜなら、日本よりもうつ病カウンセリングが発展しているアメリカでさえ、最後は薬に頼ることが多いからです。うつ病カウンセリングでは、医師ではなく臨床心理士からカウンセリングを受けるのが一般的です。医師の診察は、100回のカウンセリングよりも1回の診察という言葉があるように、うつ病治療でももっとも重要だからです。そのため、診察は信頼できると感じる先生の診察を受ける事がうつ病の改善に繋がります。臨床心理士からカウンセリングを受けると、その情報が先生に医者に伝えられます。その情報をもとに医者は薬の処方を考えたり、今後の治療方針を立てます。ですから、医者がなんでも優しく話を聞いてくれるからといってカウンセリングを受けるように長々と話し込んではいけません。それは、次に待っている患者さんがいるという意味もあります。

うつ病はうつ病カウンセリングで改善することもある

うつ病カウンセリングは、相談することで症状が回復することもあります。一人で悩んでいると悪化することがあるため、うつ病で悩んでいる方はうつ病カウンセリングの活用も検討すると良いでしょう。主治医と相談して適切な方法で行う必要があるので、もしこれを受けたいと考えているなら精神科や心療内科を訪れてください。医師が投薬をするのかどうか、カウンセリングと並行で行っていくのかなどを考えてくれます。薬に頼りたくないという方は、うつ病カウンセリングをメインと宣伝している医療機関を探しましょう。そうしたところでは、原則として薬を使わずにカウンセリングで改善していく方針をとっています。カウンセリングを専門とする臨床心理士も、深く話を聞いてもらうことができるので良い場合もあります。医師にもきちんと見てもらいたい場合は精神科や心療内科をまずは訪れる方が良いですし、そこへ行くのに抵抗がある場合は臨床心理士のカウンセリングを活用すると良いでしょう。

うつ病カウンセリングによる精神疾患の治療法

近年は様々なストレスが蔓延しております。職場や学校での人間関係や新型コロナウイルスによるストレスで、だれでもうつ病になりえる社会となりました。もちろんうつ病にならないように普段からストレス解消を試みていればいいのですが、それでも病気になってしまう人もいます。一旦うつ病になってしまうと、眠れなくなったり活動できなくなったり、食欲が減るあるいは増えたりと様々な症状が発症してしまいます。場合によっては、症状が重いと普通の社会生活が送れなくなってしまいます。もしそうなってしまったら、あるいはそうなりそうなら、早めにうつ病カウンセリングの受診をお勧めします。うつ病の治療方法は主に投薬によるものと、うつ病カウンセリングの二つの手法があります。共に大事な治療方法ですが、特にうつ病カウンセリングは薬に頼らない根本的な方法です。専門のカウンセラーがあなたの話をしっかりと聞いた上で、適切なアドバイスにより解決していく方法なのです。

うつ病カウンセリングで認知行動療法に期待される要素

うつ病カウンセリングによく取り入れられる処置として、心理学にもとづく認知行動療法が挙げられます。これは実際の行動によって認知を変えていくというものです。たとえば、人前で話すことが苦手で憂鬱というなら、それを実践させて大した問題ではないことを理解させます。最初は心理的に抵抗があっても、次第に自分でも可能だと思えるようになっていきます。そうなると、人前に出る機会が多くなっても憂鬱になりにくいです。こうして苦痛を取り除いていくことが、うつ病カウンセリングにおける認知行動療法の役割です。これだけでうつ病が改善するわけではありませんが、再発の防止などに深く関わっています。症状が軽減したと感じていても、また同じ負荷を心に受けるリスクが大きいからです。認知を大きく変えることで、同様の事象に対して異なる受け止め方が可能になります。そのため、たとえ時間がかかったとしても、地道に取り組んでいくことが不可欠です。

心療内科で受けるうつ病カウンセリングとは

仕事上のストレスが続いてしまって、その影響で体にまで出てしまっては堪ったものではありません。こういった症状は一般的に胃腸から来ると言われており、食生活に気を付けていてもストレスがあるだけで下ったりしてしまうのです。さらに、睡眠障害が来てしまうと生活がどんどん崩れて行ってしまいます。これらの時はすぐに心療内科に行ってうつ病カウンセリングを受けましょう。素人で判断するのではなく、プロの意見を聞けるためうつ病カウンセリングは特効薬ではないですがそういった人に必須の対応策です。悩みを抱えている人にとって、詳細まで話を聞いてくれてさらに否定しない存在というものはありがたいものなのです。実際には投薬が直接的な決め手になるのですが、同時にプロの対応とアドバイスをもらえるのが心療内科の嬉しいところと言えるのではないでしょうか。一度なってしまうと長い期間お世話になるクリニックとして有名ですが、かからずに治らないままよりは遥かに良いのです。

うつ病カウンセリングの情報サイト

本町 うつ病カウンセリング

新着情報

◎2021/1/18

カウンセリングで身体症状も緩和
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

カウンセリングで原因を根本からケア
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「うつ病 カウンセリング」
に関連するツイート
Twitter

つか、ぶっちゃけ、うつ病は薬だけでは絶対に治んないと思うよ。 カウンセリングと精神科に通う以外でも、日常生活や考え方、生き方を自分なりに変えていかないと根治は難しいと思う。 これまで話を聞いてきた「うつが良くなった人」は、誰かに治してもらおうという姿勢ではなかった。

■業務内容 仕事はカウンセリングと心理検査(WAIS-4など)が主です。クライエントさんはうつ病、不安障害、パーソナリティ障害、トラウマの方もおられますが、多くは生き方や人生に困難を抱えているクライエントさんです。

仕事でのストレスから目を背けていませんか? 仕事でのストレスを溜め込むと、知らず知らずのうちにメンタルが悪化し、うつ病などを発症する可能性が高まります😢 仕事でのストレスが溜まっていると感じたら、重症になる前にメンタルクリニックやカウンセリングサービスを利用しましょう☺️

うつ病治療だけじゃもったいない! カウンセリングの応用範囲は無限大です

今日は3ヶ月ぶりのカウンセリング日 臨床心理士の先生に これからの夢や目標、やりたい事について話したら、 「本当に良かったですねーっ!」と喜んで下さいました😊🍀 うつ病になっても、回復できるんです。 頑張れば回復して、ありのままに生きれる。 その勇気と希望を社会へ届けたい。